iOS

Apache Cordova のスプラッシュ・スクリーン表示がややこしい

Apache Cordova でスプラッシュ・スクリーンを表示するのは大変ややこしいです。

iOS アプリは素でスプラッシュ・スクリーンの機能を持っているため、それが使われているようです。細かいことを考えずに使うことができます。何も考えずに規定で有効になっています。

$ cordova create project1
$ cd project1
$ cordova platform add ios
$ cordova emulate

これだけで、スプラッシュ・スクリーンの表示がされます。(あくまで Apache Cordova 画像のスプラッシュ画像ですが...)

ややこしいのは Android アプリの場合です。規定では有効になっておらず、config.xml に 以下の設定を追加する必要があります。これを追加することで、iOS と同様に Apache Cordova 画像のスプラッシュ・スクリーンが表示されるようになります。

    <preference name="SplashScreen" value="screen" />

generator-graybullet-cordova で事後署名 (iOS)

前回は generator-graybullet-cordova で Android アプリでの事後署名を紹介しました。この昨日は iOS でも利用できます。本日は iOS での事後署名を紹介します。

自己署名の方法そのものは Android の時とかわりはありません。ですが、署名用の秘密鍵の生成方法が違います。iOS の場合は Android のように手軽に作れませんので、iOS Developer ProgramiOS Developer Enterprise Program のヘルプを参照してください。

ここでは配布証明書のペアとなる秘密鍵が Mac のキーストアに保存されているものとします。

generator-graybullet-cordova を使うと簡単にアプリを作成できます

generator-graybullet-cordova には Apache Cordova で少々不満に思っている部分を少しずつ追加していっています。そのうちの一つが、プロジェクトごとに違うバージョンの Cordova を使うだったりします。

Cordova でアプリをビルドすると、アプリファイルがどこにできたかよくわからないことってないですか? まあ、そのうち覚えてしまうのですが、プラットフォームごとに場所が違いますのでちょっと面倒です。おかげで、Jenkins などで成果物を固めるときに不便です。generator-graybullet-cordova では、ビルド時にアプリファイルを dist ディレクトリにまとめることができます。

実際にやってみます。まずはプロジェクトを作成します。

RSS - iOS を購読