Super AKI-80 で遊ぶ その四

前回ジャンパーピンのピンヘッダのピッチが合わずに挫折しました。秋月電子でジャンパーピンピンヘッダを買いましたので再開です。

と、その前に。LED も買ってきましたので、パワーランプをつけてみます。LED を VCC/GND につなぐだけのお手軽仕様です。この LED は抵抗内蔵なので何も考えずに挿すだけなので楽でいいですね。

LED をとりあえず光らせました!

写真の通り、左が今度購入した 2mm ピッチのピンヘッダで、右が Super AKI-80 付属の 2.54mm ピッチのものです。ここまで違うと全然挿さらないです。

ピンヘッダは二箇所で、一つは端っこの方になります。両方とも 2x3 ピンです。写真のように取り付けます。

そしてハンダ付けです。ピッチが狭いので難しいです。基板中央の方は近くに部品があるので怖いです。ショートさせたり、熱でヤられたりしてなければいいのですが...

ハンダ付けが終わったのでジャンパーピンでショートさせます。シリアルの方は制御付き一回線にしますので、写真のようにショートさせてください。制御なし二回線もいけますが、付属のモニター ROM では制御付き一回線のようなので、これが無難です。

もう一つのジャンパーピンは ROM/RAM 容量です。付属の RAM は 256Kbit っぽいのですが、モニター ROM の方の容量がよくわかりません... とりあえず、解放のまま放っておくことにしました。

ここで初めてモニター ROM のマニュアルを読んでみます。ピコピコ光るモードが付いているようです。これを使えばパソコンでシリアルポートに繋がなくても動作確認できるとか。そのためには CN1/3 ピンヘッダもハンダ付けする必要があるようです。

というわけで、今日はここまでです。

Image: 

コメントを追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <blockquote> <img>
  • 次のタグを使用してソースコード構文をハイライトすることができます。: <code>, <blockcode>, <c>, <cpp>, <drupal5>, <drupal6>, <java>, <javascript>, <php>, <python>, <ruby> The supported tag styles are: <foo>, [foo].
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
This question is for testing whether you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.